コスメボックスが訳あり価格並みに激安~!ボックス

このキナル別注バージョンは嘗ての「正統派シェーカースタイル」を忠実に守っていて!通常バージョンとは作りの丁寧さやデザインの洗練度が全く違います。妻の、楽天お気に入りに入っていたので、迷わずこちらをポチリ!誕生日まで待てず、箱から出して大騒ぎで喜んでました。思ったより木が薄く軽いのがいいのか悪いのか?実物を見ていたら!この値段は私は出さなかった。

下記の商品です♪

2017年02月06日 ランキング上位商品↑

ボックス コスメボックス■限定商品■ 倉敷意匠 ならの化粧ボックス【日本製 国産 ハンドメイド 鏡付き 楢 コスメボックス 化粧品 収納 メイクボックス】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

「女の必需品を入れるための箱として一生大切に愛用していく」のなら!国産の広葉樹のナラ材を使用したこちらのバージョンの方が安心です。奥行きよりも!高さが欲しかったです。ダイソーの木製仕切りボックス(22×5.5×11)がメイン収納部分に縦にぴったりはまりますので仕分けも楽です。ナトー材は廉価でその割りに見栄えが良いですが、亜熱帯の針葉樹にありがちな欠点(耐久性が低く、虫害に弱い)があります。素敵な商品と巡り合えてよかったです。救急箱なども以前は国産のタモ材で作っていました。(食用オイルはべたつくだけではなく埃を吸着しますし!ゴキブリなどの害虫を呼び寄せ虫害の発生源となりがちです。ずっと使い続けていきます。使い勝手は申し分ないのですが!化粧水の容器の高さが合わず(これは当方の確認ミスですが)化粧水だけ別の収納容器に入れています。使用してる化粧水が入らない(これは私の確認ミスですが)。ザラザラ感を無くす為に軽くサンドペーパーをかけました。長く大切に使っていきたいと思います。以前から購入したいと思っていたのですが、ナトー材のウレタン仕上げになってしまったため、早く買わなかったことをずっと後悔していて、こちらを見たときは嬉しくてすぐ購入を決意しました。商品自体はすごく素敵なのですが!なにしろ使い辛い。もともとこのバージョンが本来の「倉敷意匠の化粧ボックス」の形です。なお!お手入れは食用オイルの代用などではなく!オイル仕上げ家具用の上質なお手入れオイルを使った方が間違いないです。もうひとつ欲しいくらい良い品です。「モノ作り日本のプライド」と謳うのなら!材料も極力国産路線を貫いて欲しかったのですが!ビジネスとしては苦しいのでしょうか。ドレッサーを購入しようか迷いましたが!コンパクトなこちらを購入。見た目もとても素敵なので!堂々と一番使いやすいところに出しっ放しにして目にするたびに癒されます。以前他サイトで通常バージョンを購入した妹や友人がこの別注バージョンを見て!「素晴らしい!このバーションがあるのを知っていたら絶対にこちらにしたのに・・・」と嘆いていました。化粧品もたくさん入るし、木製で品が良く、素敵な商品でした。救急箱として使っています。引き出しボックスもぜひなら材でまた作っていただきたいし、昔こちらで別注だった木箱も再販していただきたいです。ゴキブリや白蟻は酸化した油の匂いが大好きです)いつまでこのバージョンが販売されるかどうかわかりませんし、購入できるうちに是非!憧れの倉敷意匠の木箱。木の変化も楽しみながら!大切に大切に使っていきたいと思います。金具も高級仕様の真鍮製(変色防止加工済み)。購入直後にアウトレット品が出ていて少し悔しかったです。注文してすぐに商品も届きましたし!別注バージョンについて詳しく聞きたいと思い電話で問い合わせたところ!とても丁寧に対応して下さいました。ならの木らしい柔らかな色合いです。実際に手にすると3456円の差よりもずっと大きな違いがありますので、その点コストパフォーマンス度は高い商品です。一年使用してみて使い勝手は申し分なく!同じシリーズで揃えたいぐらい素敵なお品です。商品も大変良い物で自分用にも欲しいね!こちらで以前!購入したテーブルも!良い味出しています!いつも有難う!シンプルな化粧BOXを探していてたどり着いたのか倉敷意匠のこちら。お部屋においておくと何故かほっこりするお品です、少し廉価なものと悩みましたがレヴューを読んでこちらに決めました。通常バージョンとは違い!こちらの別注バージョンは!いたるところに質の良さ・丁寧に作られた感をかんじます。通常バージョンのナトー材の化粧ボックスより3456円高いのにこちらは10倍ポイントも特典も無し。期待し過ぎたのか開けてみて感動はしなかった。木材のほっとする香りと佇まいがお部屋に落ち着きを与えてくれます。。それでも「一生モノ」として購入するのなら絶対にこちらをお勧めします。マスクや湿布、冷却シートまで入って、毎日飲むようなものは引き出しに入れておけばサッと出せます。販売量が増えるにつれてコスト問題や材料の北海道産ナラ材(ソーイングボックスに使われているものよりさらに良質なもの)の安定供給が困難になり、2年弱前から廉価な東南アジア産のナトー材に変わり、デザインもナトー材の木目に合うように変えざるを得なかったのです。